安全に関する写真・装備・文面を掲載
ライフジャケット着用の写真
マリン無線
レスキュー道具等 安全に関する写真
家族連れにとってはかなり重要な項目になります

安全対策

裕海丸は、お客様の安全を最優先に考えて運航しています

出船前の安全対策

    経験豊富で熟練した操船技術を持つ船長が規則&マナーを守り
    安全第一&海難防止を鉄則に運航しています。

    出船の判断は、船長が前日昼過ぎまでに天気予報&海象を考慮して決定します。

    また、当日出船前に天候&海象が急変した場合中止することもあります。

    出船前に運航前点検を行っています。

    必ず「乗船者名簿」に必要事項をご記入の上ご乗船してください。
    釣行の際は余裕のある計画を立てて、万一に備え家族などに行き先や行動予定を伝えてください。

    万一に備え、服装は赤や黄色等の目立つ服装を心がけてください。
    
    早朝は外灯も無く暗いので懐中電灯やヘッドライトを使ってください。
    また強風時には船が岸壁から離れてしまったり冬季は甲板が凍結してしまうこともありますので
    充分お気を付けください。

出船時の安全対策

    航行時には船長の判断&指示に従ってください。安全を無視した要求はお断りします。

    出船中止や天候&海象が急に悪化した場合の帰港決定など、
    船の運航に関しては船長の指示に従ってください。

    定員を超えて乗船は出来ません。

    泥酔者は乗船をお断りする場合があります。

    他の釣人の迷惑となる行為は慎んでください。

    航行中の船内の移動は大変危険です。ご遠慮ください。

    船上は水に濡れて足元が滑る場合があるので充分注意してください。

    裕海丸では安全対策の為、『ライフジャケットの常時着用』、
   『適切な連絡手段の確保(防水パックを使用した携帯電話の携行)』
   『118番の有効活用(海上保安庁への緊急通報番号)』を推奨しています。

    海中転落があった場合速やかに船長に報告し、浮輪やクーラーボックスなど
    浮力のあるものやロープなどを投入して身体を確保し、
    船長や他の乗船者と協力して救助活動を行ってください。

    漁場保全のため釣り糸や空き缶などのゴミは海に捨てずにお持ち帰りください。
    水産資源保護のため、船長がお知らせする釣りのルールに従ってください。

    釣れた魚によっては毒や棘や鋭い歯のある危険な魚もいますので、
    わからない魚が釣れたときにはむやみに触らず船長にお聞きください。

    裕海丸では無料でライフジャケットをレンタルしています。

皆様の安全の為にお願いです

船上での事故を未然に防ぐ為の注事項です。
特にジギング、キャスティング関連

・ジグ等のフックの返しをつぶしてバーブレス化をお勧めします
アシスト・サポートフックの返しをつぶしておくと万が一刺さった場合に処置がしやすいです。
アシストフックがついている場合は必ず、素手では外さずに、ペンチ等で外す様にお願します。

・ご用意していただく装備品
サングラス、帽子、滑らないシューズ&ブーツ、グローブ、ペンチ、フローティングベスト。
(◎最小限ご持参して欲しい物は、サングラス、デッキシューズ&ブーツ、ペンチ)

◎サングラス	最大の目的は目の保護にあります。
        事故があると大きな後遺症を伴います。

・帽子		やはりフック等からの保護が最大の目的です。

◎デッキシューズ&ブーツ 船上は常に滑りやすい状態です。
			  サンダル等はおやめください。

・グローブ	フック、ラインからの保護を目的です。

◎ペンチ等	魚からフックを外したりするときに使用します。

・フローティングベスト	出来る事なら装着していただくとありがたいです。
            操船には最大の注意を持って行ないますが、
            万が一という事もなきにしもあらずです。

・ジグ、ルアーのキャスティング
キャスティングは基本的にアンダーキャストでお願します。もしも、オーバーキャストで
投げなければならない場合は、必ず、1投ごとに後ろ、周囲の安全確認をお願します。

・飲酒・アルコール類は程々にお願します
お客様自身の安全と他のお客様にご迷惑のかからないようお願します。

 

お問い合わせ

icon 電話番号090-3155-6266(6:00 ~ 21:00/当日問合わせ:出船1時間前~)
icon ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
お問い合わせ


ページトップに戻る